« レイジングブラスト#13 オンラインをやってみた | トップページ | レイジングブラスト#15 オンライン三回目 »

2011年1月27日 (木)

レイジングブラスト#14 オンライン二回目

オンライン二回目やってみました。

総合的には別におもろくはないですが
ラスト一戦はおもろかったです。

やはり
単調な戦い方はおもしろくないですね
間を取るとか、戦いに変化はつけないと
単なる作業になってしまいます。

ラッシュばっかする人がやはり多いです。
こちらはガードしてカウンターかジャストバニシング狙いですが
出来るときは限られるし
じゃ相手の格闘の切れ目にこちらもラッシュしようかと思うと
たいていあいてのラッシュが勝ちます(笑)
つまり近距離ではラッシュしているほうが有利なんです。

究極ぶっこんで勝つ人はさらにお話にならない。
今回いたのが、一戦で二回究極ぶち込む人(笑)
遠距離→気溜め→背後にダッシュ→なぐり→究極(笑)
もう勝つことしか頭にない。
そんなことやったってしょうがあるまい(笑)
それだったら
こちらだって勝とうと思えばいくらでも勝てるって。
でもしない
やりたかない。
そんなことより、一戦でどれだけ楽しめるか?そこが私の目的である。
勝てればラッキーぐらいに思ってればいいのに。
だから私には大ダメージを与える技自体に価値がないのである。

前回同様負けると退室する人もいました。
こういう人たちも、なんなんだろう(笑)
私は負けても、退室とか回線を切るということは別にしない
それがたとえ気に食わない勝ち方をされてもだ。
だってそれやってたら誰も私と戦いという人はいなくなってしまうだろうから。
もうランクシステムの弊害がすごい。

マイクつけてる人が二人いましたが
私はマイクつけてなかったので
気持ち悪かったです(笑)
外国語で一方的にぶつぶつ言われても、気持ち悪いです。
マイクつけてる人はつけてる同士のみ音声出力してくれませんか?(笑)
日本人同士だったらさらに気持ち悪いです。
変な性格のやつだったら、もうやる気もなくすでしょう。

ラスト一戦は、間を取る人でおもろかったです。
どういうことかいうと
空気を読むんですよ。
このときはこうやっていこうとか
変化に対応してくる。
そういう人はまぁ相手の出方も見てくるので
戦いに緊張感が出ますし
バトルが終盤になるまで楽しもうという気があるので
徐々に削っていくのを好みます。
やはり相手しだいでこのゲームのおもしろさは180度変わります。

« レイジングブラスト#13 オンラインをやってみた | トップページ | レイジングブラスト#15 オンライン三回目 »

オンライン」カテゴリの記事