« レイジングブラスト#17 オンライン四回目 | トップページ | レイジングブラスト#19 レッドリボン軍の恨み »

2011年2月 6日 (日)

レイジングブラスト#18 オンライン5回目

いやーおもしろかった

今回はカスタム多めで
今までとは違ったカスタムを用意しました。

新カスタムのキャラは主に
ベジータ(スカウター)
悟飯(幼年期)

前回同様のカスタムでは
悟空。

それと同様のカスタムとして
フリーザを追加してプレイ。

7割ぐらいは勝利という感じで
しかも辛い勝ち方もなく
気持ちいい。

何のカスタム?
と疑問になるでしょう。

残念、おもしろいのでお答えできません(笑)
別に難しい組み合わせはしてません。
ご自分で模索することをお勧めします。

このカスタムのいいところは
オールマイティな使い方ができるというとこで
変身の無いキャラでも見劣りしません。
事実、弱めのキャラであるベジータ(スカウター)でガンガン勝てます。
しかも必殺ハメとか一切なしです。
究極とかもこちらは基本つかいません。
このスカウターVERは
「ジェノサイドブレイカー」という決まるととても気持ちのよい技があるので
お勧めです。
もうラストで決まると満足感がハンパないですね(笑)

で、で、以前のカスタムで負けるパターンというのがまた出てきまた。
今度は
ふっとばされた後に究極(気弾系)というパターンです。
これだとふっとばされてる時点で
残像系はないわけですから
避ける手段がジャストバニシングかランダムバニシングに限られます。
ですので50%(体感予想)の確立で究極を食らってしまいます。

基本、この手法を私は否定しませんが
ただ、序盤からこればっかりつかってくる人がいて
「それは違うのでは?」と思いました。
これをやるなら後半やらないとお話にならない
やはり序盤中盤はちょびちょびスピード感にまかせながら
削っていくのがおもろい。
それをいきなり究極!ではつまらない。
しかもその方は、体力アップ2本してるのだ(笑))
オンラインのマナーとして
究極は一回決まったらもう使わないぐらいの構えはあってほしいです。

ふっとばした後確実にダメージを与えたい場合は
普通の気弾2,3発で済むことです。(これでも十分気持ちよい)
なにもそこに毎回究極を入れる必要はなにもないです。

あとはじめてチームバトルやってみたのですが
私はベジータ(スカウター)、悟空の二人。
相手はずいぶん選ぶのに時間かけるなぁと思ったら
きっちり5人選択(笑)
ハンデ戦になるとは。

ベジータで二人倒した時点で
相手のブロリーが登場。
やばいと思ったのか、
究極連発される
このブロリーの究極(超爆発波)が強力で
近づいた距離で判定が決まるのと
発動も早いので
ダッシュでいきなりやられた場合
非常に避けにくい。
残像系やバニシングも効かないのである。
(相手が18号のキス(究極ガード不可化)を装備してたの可能性もある、
というのもその後COM戦でランダムバニシングしまくれたので)


これでベジータが倒れ
悟空で究極くらいつつもブロリーを倒す
四人目はSSJ3のブロリーでこれを瀕死まで持ち込むも
やられ終了。
ブロリーの究極連発がなければ
恐らくベジータ1人で5人いけてた気がする。

ちなみにブロリーの「超爆発波」はSSJ1のみの究極です。
その他の状態では使えないです。
トランクスも一部使えます。
避け方としては
まぁ気を溜めさせない
ダッシュしてきたらスーパーライジングか
上下移動をダッシュ(×)ですることですかね。
上下移動をダッシュでするというのはほとんどやらない人が多いと思うので
この際身に着けとくといいかも。

« レイジングブラスト#17 オンライン四回目 | トップページ | レイジングブラスト#19 レッドリボン軍の恨み »

オンライン」カテゴリの記事